湯原温泉 ★「砂湯」    時間:24H   料金:無料
米子自動車道・湯原ICから10分〜15分くらいかな。
ダム下の河原にある「砂湯」は 川底に湧き出る温泉を岩で囲ったもの。
「砂湯」の入り口から緩やかなスロープを下ると まだ朝の5時だというのに沢山の人が入浴されているではないですか!
圧倒的に男性が多い!噂には聞いていたけれど ホント凄いなぁ〜
それに 湯船が川と一体化しちゃってるって感じ!
(なだらかなスロープ)
「長寿の湯」だけ東屋風の屋根がかかっています。
「美人の湯」が一番ぬるく 「子宝の湯」はややぬるいかな・・・
「長寿の湯」はやや熱め!
ぬるい方から順に熱い方へ入るのがルールのようですよ(^^)
露天風呂の下流100m(湯原国際観光ホテル前)のところに無料の河川駐車場があるので 車はそこへ止めましょう。
入り口は下流側ですが 上流側に歩道があり そこから露天風呂までは歩いても2〜3分です。
湯原ダムを背景に とってもダイナミックで開放感も抜群だけどあまりの人の多さに リラックスして入れなかった・・・
対岸の旅館から見られるのはまだしも 観光客にはちょっとね〜
というわけで お風呂画像はほとんど撮れませんでした。
朝靄の中 いい雰囲気だったのに残念です。
Copyright(C) 2001〜2020 BAHAMUTの混浴温泉気分. All Rights Reserved.
脱衣所は男女別で 女性用には一応扉も付いています。
簡単な造りですが有難いですね(^-^)

情報ありがとうございます。

全国露天風呂番付で「西の横綱」にランクされています。
6月26日は露天風呂の日ですが ここが発祥の地です!
ダムを見上げるようにある露天風呂は 手前から「美人の湯」
(美人の湯)
(子宝の湯)
(脱衣所)
TOPへ 岡山の温泉へ
(番付表)
奥に「子宝の湯」ふたつの湯船の横に「長寿の湯」と三つあります。
湯船の底には小石があって 歩くと結構足裏が痛い・・・(^^;
私ってもしかして不健康?
(長寿の湯)
ここは平日でも また夜中でも沢山の入浴客で賑わっているようです。
もっと広いのかなぁ〜って思っていたので ちょっと期待はずれの感も・・・
私達には「東の横綱」の方が合っているかも(^^ゞ