然別峡

然別峡・シイシカリベツ川/ユーヤンベツ川沿いの野湯

STEP WGN RF-3さんからの情報です。

Copyright(C) 2001〜2020 BAHAMUTの混浴温泉気分. All Rights Reserved.
情報ありがとうございました。
TOPへ戻る 北海道の温泉へ戻る

分岐した廃林道を一番奥まで歩いていき、右に降りていくケモノ道を発見したら、降りてください。降りきったところの右にメノコ、左にペニチカがあります。メノコは猫肌のBAHAMUTさん向き、長湯してしまいました。ペニチカは川の水がやはり入り過ぎて、温くて入れませんでした。川の水のバルブを閉めておきましたが、僕らがそこにいる間には、残念ながら適温にはなりませんでした。

(メノコの湯)
(ペニチカの湯)

然別峡・菅野温泉周辺には野湯がたくさん沸いています。一番有名なのは然別野営場近くにある鹿の湯(鹿見の湯)です。こちらは然別野営場で管理されているので、とってもきれいだし、湯温もちょうどよくなっています。そのほかの野湯は管理しているグループがあるようですが、基本的に自然そのままの姿となっており、湯温はそのときによって違うし、汚れることもあるし、時には水没することもあるそうです。水道水や井戸水は使っていませんが、加水されています(笑)。

キヌプに降りるところから先に200メートルほど行ったところに写真の林道が分岐しています。分岐してすぐ右に降りるケモノ道がありますので、そこを探検してみてください。断崖を降りるとピラの湯があります。ここが一番熱かったです。藻が湧いてます。

メノコの湯(自噴・加水)・ペニチカの湯(自噴・加水)

キヌプの湯(自噴・加水)

キヌプの湯に至る道は、ケモノ道です。キャンプ場から上流に向かって林道を登り、川を二つ渡ったところに、左に入る林道があります。そこを右に降りるんですが、普通、気づきません。写真を頼りに到達してくださいね。僕が行った時は川の水が入り過ぎて、温くて入れませんでした。

鹿の湯(自噴)

ここは管理されているだけあって、素晴らしい環境です。湯温もちょうどいいです。川がすぐそばを流れています。一応、脱いだ衣服を置く場所がありますが、女性が着替えるのは大変です。

ピラの湯(自噴・加水)