画像C
画像B
ヌプントムラウシ温泉(沼の原温泉)
しばらく行くと、鋭角左に分岐があり、右手の木に画像Bの看板が出てくるので、左折してください。さらに5キロほど山道を走ると、左手に山小屋が出てきますので、その奥にこの温泉があります。
新得町北約50キロの山の中にある温泉です。本土の山の中とはケタの違う山深さですよ。まず、行き方から解説しなければなりません。
道道718号線をこれでもか!これでもか!もしかして行き過ぎたのと違う?と思った頃、画像@の曙橋が出てきます。
広場にクルマを止めると、画像Cのように、湯煙が立っています。源泉の沸騰する音、川のせせらぎを聞くことが出来ます。
画像D丸太の橋を渡ってようやく、ヌプントムラウシ温泉(画像EFG)に到着です。
TOPへ戻る 北海道の温泉へ戻る
ここで右手ダート林道に入ります。ひと昔前の群馬の林道のような道(画像A赤外線画像)ですが、轍はあまりなく、シャコタンステップワゴンでも大丈夫でした。
Copyrigt(C) 2001〜2020 BAHAMUTの混浴温泉気分. All Rights Reserved.
情報ありがとうございました。
画像A
画像@
画像D
画像F
画像G
画像E

源泉は沸騰していますので、くれぐれも火傷をしないように気をつけてください。
携帯は圏外だし、近くの救急病院まで、約100キロあります。

湯船の脇にバルブがあって、源泉、水の流入を調節するようになっているので、適温での入浴が可能です。ちゃんと清潔にしてあって、管理されていらっしゃる方に感謝!です。こんなスバラシイ環境の露天は他にはないのでは??
ヌプントムラウシ温泉
情報 by STEP WGN RF-3 さん