将門のかくしの湯。
←露天の名前は「龍宮殿」 
…龍宮なら海の底、ここは、地上100m。
ご主人さん、名前を変えようよ、
「天空殿」とかさ…
右だって、内風呂には見えない展望風呂です。
階段を降りていって…この高さです…地上100m! すっげーと思いますよ。
時間さえ都合がつけば、秩父では外せない風呂ですね。 男女入れ替え制の合間の混浴時間らしいです。  たまに、5000円のお昼とセットですっていわれるかもよ。
(展望風呂)
Copyright(C) 2001〜2020 BAHAMUTの混浴温泉気分. All Rights Reserved.
埼玉県秩父郡荒川村大字白久
 0494-54-1415 HP
ここは本来男女別ですが、この日は混浴でお願いしますと・・・片方が点検中?だったのかもね。
*公式HPによると、混浴&貸切、日帰り入浴はなくなったようです。
白久温泉 ★みやこ旅館
国道からはちょっとはずれていて見落としがちの温泉宿です。
露天風呂と展望風呂があり、どちらか一方だけでも入れますが、両方入った方が割安になるんです。

どちらの風呂も眺めは抜群で、秩父地区ではお気に入りです。
ただ、混浴可能な時間が短いのが残念です。
なぜか、この風呂は、大胆にさせてくれる力を持ってるような・・・そんな露天風呂ですよね。
男女別の脱衣場から向かい合うように降りてくる演出もいいんですよねぇ〜。
龍宮殿という風呂・・・ 浦島太郎のその後って知ってます?
龍宮城から帰った浦島太郎は、日本から出て行き、中国のある山で「鶴」になったそうな・・
そして、日本の京都に帰ってきて「亀」と出会ったとか・・・あは?
TOPへ戻る 埼玉の温泉へ戻る
露天風呂にしては珍しく、シャンプ〜やリンスもあります。

オデエミさんからのプレゼントです。