黒川温泉

黒川温泉は、かなりいいだろう!と確信して行きましたが、さらに想像を超えるほど素晴らしい場所でした。
まず、特筆するのは、各旅館同士、とても仲が良いのに驚かされました。

そこには、「みんなが幸せにならなければ一人も幸せになれない」という考え方があるみたいです。
あと、できる限り、近代化せず、昔のままの田舎らしさを残そうとしてるにも関わらず、目立たない所に居心地のいいような配慮がなされていること。
古いにも関わらず、とても清潔なんです。

例えば、山みず木の古い木造の脱衣小屋なのに、さりげなく床暖房をしてあるとか。。。まさに脱帽です。

(注1) 電話番号及び入浴時間、入浴料金は、違っているかもしれません。
(注2) 宿の公式HPは、このページを作るにあたり調べたものです。 その後、アドレス変更もあるかもしれません。

くれぐれも、入浴前に確認してくださいね。

違ってるのに気づいた方は、教えてもらえると助かります。

今流行の、洒落た豪勢な宿ではありませんが、どこに泊まっても同じように素晴らしいだろうなと思わせる温泉地ですね。

           
山河旅館  山みず木 穴湯共同浴場  山の湯新明館  樹やしき  御客屋旅館 
           
 帆山亭 ふもと旅館  いこい旅館  奥の湯  やまびこ旅館  夢龍胆 
宿名 日帰り入浴時間 料金 電話番号0967 公式HP
山河旅館 8:30〜21:00 500円 44-0906 HP
山みず木 8:30〜21:00 500円 44-0336 HP
穴場共同浴場 24時間 100円 44-0076 HP
山の宿新明館 8:00〜20:00 500円 44-0916 HP
樹やしき 8:30〜21:00 500円 44-0326 HP
御客屋旅館 8:30〜21:00 500円 44-0454 HP
帆山亭 8:30〜21:00 500円 44-0059 HP
奥の湯 8:30〜21:00 500円 44-0021 HP
やまびこ旅館 8:00〜21:00 500円 44-0311 HP
夢龍胆 8:30〜21:00 500円 44-0321 HP
いこい旅館 8:30〜21:00 500円 44-0552 HP
ふもと旅館 6:00〜23:00 500円 44-0918 HP

とても不便な場所にあるのに、草津温泉並みに賑わっていたのには驚かされました。
人気の立ち寄り湯には順番待ちで行列が出来てました。(新明館)
あまりにも素敵な所なので、1回であちこちチョコチョコ周るのもったいなく思ったので、ガー子と2人で毎年一回ずつ、あと3回来ようね!と誓い合いました。^@^
ちょうど、混浴風呂を備えてる宿が12軒あるので、3泊×4年で完全制覇できるんですよね〜

【混浴施設】

***湯元荘は別浴に…
***アイレディース宮殿黒川温泉ホテルは閉館…
by 淳平リエさん
こんばんは♪ ご飯、おいしく戴いています♪

さて、先日(2013、11)、黒川に行ってきました。  混浴は減ってしまい、いこい旅館、新明館、穴湯、やまびこ旅館、山河、夢龍胆、奥の湯、、木やしき、のみとなってしまいました。

いこい旅館に宿泊しましたが、当たりでした(^^♪  いこいは露天併設の内湯(箱湯)も混浴。 さらにサウナ(混浴)も併設されています。

黒川は部屋数が少なく、随分前から予約しなければなりません。  温泉街も小ぶりです。
でも、温泉街として統一された雰囲気があり、また、温泉街を歩く楽しみがあります。
ひなびた、遠く離れた温泉街でも客を来させるものがあります。  世の寂れた温泉街は、黒川を見習って、温泉街をどう盛り上げるか、をよく考えた方がいいでしょうね。
by  AHR20Wさんからの情報です
黒川温泉は 標高700m田の川沿いに風情豊かな宿が建ち並ぶ 全国でも有数の名湯。ここの魅力は何と言っても露天風呂!
各宿で様々な趣向を凝らした露天風呂を設けています。 入湯手形を全国で初めて考案したのも黒川温泉だとか・・・

入湯手形一枚で温泉組合加盟旅館(24軒)の露天3ヶ所に入浴できます。
一枚1200円(6ヶ月有効)手形での入浴時間は8:30〜21:00
手形なしだと1ヵ所500円の入浴料なので 少しお得です。
入湯手形は 観光旅館組合「風の舎」あるいは各旅館で購入できます。

「風の舎」はインフォメーションセンターも兼ねていて当日入浴できる旅館や時間なども案内してくれます。
行ってみて「あぁ〜ぁ・・・」なんて事の無い様 情報を入手しましょう!

また メインの川端通りは道がとても狭く 車ではすれ違うのも困難・・・ 上川端・下川端通り沿いの湯めぐりは 歩いて廻りましょう。
温泉内に何ヶ所か駐車場はありますが 観光旅館組合「風の舎」の駐車場を利用するのが 一番便利だと思います。
ただし 土日は朝早くから混みあうので 駐車場待ちもあるそうです。
TOPへ 熊本の温泉へ
Copyright(C) 2001〜2020 BAHAMUTの混浴温泉気分. All Rights Reserved.
by ゆうえみさん