【二股らぢうむ温泉旅館】

淳平&リエさんからの情報です

●    部屋⇒4畳半一間で風呂なしトイレなし冷蔵庫なし。布団も自分で敷きました。ただ新しいので清潔感はありました。
●    アクセス⇒函館から車で2時間半。かなり山を分け入って行きます。電車だと長万部駅からタクシー30分です。

全国的にも有名な日本でただ1つのラジウム温泉。
ただ、経営難でサラ金屋に経営権が移り、今までの情緒溢れる建物&ドーム型浴場がキレイなアパート風に建て直されてしまったのが残念。
行った日が記録的な大雪の日だったため、最高の雪見風呂を味わう事ができ、かえってラッキーだったかな?

これが朝食。目玉焼きは火が通ってなく、さんまは缶詰っぽい、納豆は見たことないぐらい少量。写真は納豆がダメながー子にもらった分も足してコレだけです。味付け海苔がこんなに美味しく感じるとは。。。(がー子談)
●    値段⇒土曜日だったので1000円増しということだったので、それはしょうがないとしても、一人なんと9600円も取られました(涙) 前の日の湯の川がウニ・カニ三昧の料理で1万1千円だったことを考えると、、、高すぎ!しかも、サラ金のお姉ちゃんが「従業員はお金触れないので、この自販機で券を購入してください」だって。。。意味わかんないっす!

浮き輪の画像をいただいた時、「ここ、どこだろう?」と思い、調べてみたのですがわかりませんでした。 聞いてみたら、なんとページでも取り上げてるじゃありませんか…。

石灰華ドームのイメージが強すぎて、プールのイメージがわきませんでした。w

どこの温泉か探しながら、ずーと顔を見てたらなんかね、心が和らいできたっていうか、不思議ですね。  by ばは

プール(水着可)の向こうは露天風呂です。画面の右側、階段の上の入り口の先に混浴内湯(タオル巻き禁止)があります。
TOPへ戻る 北海道の温泉へ戻る
情報ありがとうございました。
●    接客⇒最悪。入口でサラ金屋の制服を着たお姉さんに部屋の鍵だけ渡され広い館内をウロウロ。。。こんな経験初めてです。
●    風呂⇒これは素晴らしい。いかにも効能が高そうなキツイ茶色いお湯で、宿泊者の9割以上が湯治客でした。髪を濡らすとガビガビになるので要注意です。ちなみに私の下の毛はスチールウールみたいになってました(汗) 風呂は混浴だけでも数多く、内風呂4、温泉プール1、別な場所に女性側から入れる内風呂2、それと露天風呂が3つ(タイル・檜・寝湯)と風呂だけ取れば最高レベルです。
露天風呂全景左が屋根付檜風呂、真ん中がタイル、がー子がいるのが寝湯です。(←寝湯大好き!)
露天風呂は絶景でした。檜の寝湯に腰掛けた、がー子。雪景色に感動してました。
●    食事⇒ビックリするぐらいショボくて不味い!社員食堂のような場所に湯治客がずら〜っと椅子に座ってて料理が置かれてて、空いてる場所に座るというシステムで、料理の内容がまた酷い。噂で聞いてたから覚悟していたが、でもまさかこれほどとは。。。(爆) 例えて言うなら給食?みたいな。でも、こんな経験もめったにできないので二人でネタにして夜中に思い出して笑ってました。夕食は下の下、朝食は下の中でした。
朝はさらに雪が積もり、関西育ちのがー子は大感激!もう、ウットリしていつまでも出ようとしませんでした。
がー子が浸かってる隣の湯船がタイル貼りの露天です。
一番眺めのいい真ん中の風呂で。後ろの樹氷とチラチラ落ちてくる雪は幻想的な雰囲気で私も感動。

話のタネになる楽しいコメントで、おもしろいですよ!  群馬の「半出来温泉」の宿泊の話題を思い出させますね((笑)  情報ありがとうございました。

バハさん、東北道 1.000円の旅お疲れ様でした。
北海道は滅多に高速道路を使わないので、無料の恩恵も、受けていません。 高速道路が遠回りに作ってあるので、かえって高速、遅かったりします。

で、下道で長万部の山奥にある、二股ラジウム温泉に行って参りました。
小浴場です。 この座ってる後ろ側には立ち湯とでもいうのでしょうか、立っていないといけない、深いお湯があります。
「ここは、深いです」って書いてありますね。

春夏秋冬、同じ場所で撮影したくなる、そんな露天風呂でしょうか。

情報、ありがとうございました。 by ばは

露天風呂の紅葉キレイでしたよ♪
〜〜マラソンで大幅に自己ベスト更新した翌週に湯治に行ってきました。

すてっぷさんよりいただきました。

石灰華、ドーム です
「二股らぢうむ温泉」の玄関前。新しいのでキレイでした。
まずは内湯へ。この棟には深い浴槽2つも含めて全部で4つの湯船があります。
噂の夕食。正真正銘これだけです!(爆)醒めてて、味も・・・メインディッシュが「しめ鯖」とは。。。
AHR20Wさんからの情報です。
炭酸泉で、石灰ドームが有名なところです。

小浴場、大浴場、露天、プール、女性専用浴場がありました。
立っていてこのくらいです。

バハさん用にどーぞ!(^_-)-☆

狭いですが温泉プールです。というよりも広くて深くて温い温泉ですね。
Copyright(C) 2001〜2020 BAHAMUTの混浴温泉気分. All Rights Reserved.